人との関わりが疲れる『人嫌い3つの原因と克服方法』

人嫌い

人との関わりを嫌う『人嫌い3つの原因と克服方法』

・この人嫌い。顔も見たくない。

・話をすると思うだけで憂鬱になる

・全てが嫌いと思ってしまう

どうしても好きになれない人、気が合わない人いますよね~

はじめから人を嫌いになって産まれて来たのではない。
いつからだろうか、、、人嫌いの原因から克服方法まで解説していきます。

人嫌いとは

人との関わりを嫌う、苦手な人のこと

自分のことも嫌いな人が多いのが特徴です。
また、1人の時間を大事にしたり、老後は静かな場所で暮らしたい飲み会等の大勢の席が苦手な人も特徴になります。

人嫌い3つの原因

自分と重ねる


自分の嫌いな部分や見たくない所を相手に映し出し嫌う。
人は自分を映す鏡と言ったところでしょう。本当は自分自身でも薄々気づいていたり気づかないふりをして、見て見ぬ振りをしているところがあります。そこが、相手に映し出され見えたときにこの人は嫌いになります。

防衛機制(投影) 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

うらやまし


自分のなりたい像・憧れや、手に入れている存在をうらやましと感じたときにこの人は嫌いになります。

嫉妬や妬みの感情に気づかす、怒りや嫌悪感に変わる場合があります。

過去の嫌いな人と似ている


過去に嫌な出来事があり、その人のことを許していない場合に似たよう人に出会うとこの人は嫌いになります。特に、親に似ていると、この人もあたかも親と同じような人に思えてしまい何もしていないのに、感情が沸き起こり嫌いになってしまいます。

2:6:2の法則

人間関係のこの世の中には2:6:2の法則があった。

2:自分のことを受け入れてくれる人、賛同してくれる人、好きな人。

6:どうでもいい~グレーゾーンの存在

2:自分の真反対、賛同してくれない人、嫌いな人

人嫌いな人は、6+2の8割が嫌いで、なおかつ自分のことを受け入れてくれる人2割の内の1割も嫌いとしてしまうので、世の中の9割が嫌いになってしまいます。

これは、二極化思考の人に見られる特徴でもあります。

克服方法

2:自分を受け入れてくれる人

自分を助けてくれる人は必ずいます。その人たちに知らず知らずに傷つけてしまっていることがあります。自分が傷つ前に相手にひどい事を言ってしまった経験はないですか?自分のことを大切にしてくれている人たちの言葉に耳を傾けて見ましょう。きっとその言葉はあなたの本来の魅力であり、あなたの財産になります。
自分のことを受け入れてくれる人を信じる。

6:どうでもいい~

6割を占めるグレーゾーンが存在するということです。これは、好き嫌いの世界の方がはるかに狭いことにもなります。
このグレーゾーンの存在があることに気づきましょう。


2:自分の真反対

必ず、自分の意見や考えが反対な人がいます。

みんなが同じ考えであれば、それは成長が望めません。
色々な個性があり、考えがあるから新しいものが生まれ、発展していくのです。
反対がいて当たり前と思うことです。



人間関係を改善する【ありのまま自分手帳の使い方】
無料メルマガ登録はコチラ
タイトルとURLをコピーしました