生理的に嫌い「なぜ嫌いなのか分からない」対処方法5ステップ

人嫌い

生理的に嫌い「なぜ嫌いなのか分からない」対処方法5ステップ

なんとなく嫌い

何も危害を加えられたわけでも、考えてもわからない。

では、一体相手の何が嫌いなのか?

なぜ嫌いなのか?

あの人の何が嫌いなんだろう?と考えるのも嫌!!

だから、曖昧な「生理的に」という言葉を使ってうやむやにしています。

外見が苦手なのは仕方ないことですが、相手のちょっとした言動にいちいち嫌な感情が沸き起こってしまう、、、

相手の嫌なところばかりに意識が向いてしまうことがあります。

この曖昧で「なんか嫌」と思っているところは、実は自分が持っている自分自身が嫌だと思っているところなのです。

つまり、自分自身が嫌と思っているところを見せられることで起こる感情なのです。

相手の嫌なところを突き詰めると自分の嫌いな部分が出てきてしまうので、それを見つめることが辛いので曖昧にして考えないようにしています。

自分の嫌いな部分を受け入れることが出来ないので、相手のこともなんか嫌いで片付けて納得できないのです。

自分の嫌なところを過去に誰かに指摘されたり、怒られたりした経験をしている人が多くいます。

このような経験があると自分は同じ過ちはしない、嫌なところは出さないようにと心に決めるのです。そんな時、自分の目の前に昔の自分と同じような人が現れた時に、普段は嫌なところは出さないと決めていたことが目の前の人がやっていると大きく移し出されるのです。

この時に、自分は許されなかった、怒られたのにこの人は同じことをしても平気なんだ。と、思ったりちょっとのことでも敏感に気になって大げさな反応になってしまうのです。

生理的に嫌いな人の対処方法5ステップ

生理的に嫌な相手と上手く付き合うには、冷静に相手の中にある自分を見つめるとよい

ありのまま自分手帳の活用法

ステップ①
嫌いな人の特徴をできるだけ細かく多く書き出してみる(良いところも嫌だと思うところも全部)

複数いる場合は1人づつ特徴を書き出して見る

ステップ②
複数いる場合は共通部分を探す

ステップ③
自分との共通部分を探す(共通部分を見つけることで仲良くできる可能性があります。似た者同士だったりする)

ステップ④
嫌なところはなぜ嫌いなのか?理由を書いてみる(自分の本当の気持ちが分かったり、自分自身の嫌なところを認めていないのが理由にあがることもあります)

ステップ⑤
相手の良いところを認める

人間関係を改善する【ありのまま自分手帳の使い方】
無料メルマガ登録はコチラ
タイトルとURLをコピーしました