挨拶しない人へのたった1つの対処方法

人嫌い

挨拶しない人へのたった1つの対処方法

挨拶しても返してくれない!どうしたらいいでしょうか?

子どものころはもじもじと新しい人に挨拶も出来なかったり、できたり。
しかし、社会人になっても挨拶をしない人も中にはいます。

挨拶は相手に対して「オープンにしてます」の表明とも言えます。

なので、いつでも声をかけてください。いつでもウエルカムですよっと言っているわけです。

逆に挨拶しないのは、相手を受け入れていない・興味がない状態を示していることになりかねないです。

ただ、中には挨拶事態に無関心だったり、相手の声が聞こえていない可能性もあります。

しかし、ここで挨拶してくれなかったから「私のこと嫌いなんだ!」と、誤解をしてしまいそれがきっかけでその後話しかけづらいと勝手に思い込んでしまい、さらに話すきっかけも失い、益々あの人との距離が遠くなり、「あの人は私のことが嫌いだから話しかけてくれないんだ」と、負のスパイラルに陥ります。

社会一般常識として、挨拶をして返事をしないのは失礼にあたると言った考え方は多くあります。

挨拶しない人

コンプレックスから挨拶出来ない人

コミュニケーションが苦手で他の人に挨拶するのが恥ずかしい人見知り。プライドが邪魔をして初対面の人に自分から話しかけたり出来ず、自分がオドオドしたのを見られたくないため挨拶できない。

自分から挨拶して返事が返ってこなかったらどうしようと不安な考えが頭をよぎる人も挨拶が困難に感じます。

また、自分の容姿に対して見た目や声が嫌いでそれを他人に晒したくないと思っている場合もあり、人からの視線から逃れたい人

挨拶するメリットを必要としていない人

🆖挨拶と仕事は別物。

🆖挨拶しないのは失礼という考えが古い

🆖挨拶は無駄な時間

特定の人に対して嫌悪感を感じる人

嫌いな人への態度の一環として、挨拶をしない人

嫌いな人と仲良くしたくないから挨拶もしない

挨拶への期待


挨拶しない人はそれぞれの考えや悩みがあって挨拶しない人もいます。

挨拶してくれないと嘆いているのは、相手の課題に入り込んでいるのと同じとも言えます。

自分の思った通りの返答への期待が大き過ぎるとその期待以下の反応の時に、怒りや嫌悪感となってしまうからです。

挨拶に返事するかしないかは、その人が判断しているのです。

挨拶するメリット

○挨拶からコミュニケーションがはじまり、会話が弾む

○気分がほぐれてる

○毎日挨拶することで、人間関係が深まっていく

○挨拶することが常識であり、非常識にレッテルを貼られなくて済む

挨拶をしない人の対処方法

挨拶をしない人はそれぞれ考えや悩みを抱えた上で挨拶を放棄しています。

また、黙っているのはコミュニケーションの拒否を無言で示していることになります。

あの人に対して自分が仲良くなりたいのか?なりたくないのか?

仲良くなりたいのであれば、返事がかえってこなくても挨拶をし続けるのことです。

5,10回していればそのうち返ってきます。

人間関係を改善する【ありのまま自分手帳の使い方】
無料メルマガ登録はコチラ
タイトルとURLをコピーしました