七夕マルシェに参加【オンラインマルシェ】

セミナー

織姫彦星から学ぶ!セールス上手になるお金のブロックの外し方

天帝により離れ離れにされた夫婦、織姫と彦星が、
1年のうちで7月7日だけ会うことが許されたという物語。

七夕のストーリー

「織姫」は、はたを織っていました。神様(天帝)はそんな娘が自慢でしたが、働き続ける様子を不憫に思い、娘に見合う婿を探すことにしました。

それが、ひたすら牛の世話に励む勤勉な若者「彦星」です。
その若者を娘の結婚相手に決めました。

そんな二人が結婚し毎日一緒に過ごすのですが、これまでとは一転して遊んで暮らすようになりました。

仕事を全くしなかったため、天の服はスリ切れてボロボロに、牛達はやせ細っていきました。

神様が働くように言うも、ちっとも働こうとしません。

ついに怒った天の神様は、織姫を西に、彦星を東に、天の川で隔てて引き離し、二人はお互いの姿を見ることも出来ないようになりました。

それから二人は悲しみにくれ、働こうともしなかったため、余計に牛は病気になったり、天の服はボロボロになっていくばかりです。

これに困った天の神様は、毎日真面目に働くなら7月7日だけは会わせてやると約束をすると、二人はまじめに働くようになりました。

※諸説あり

参加特典

本当の自分を見つけ出せ!! 人間関係の悩み本質診断
無料診断はこちらから
本当の自分を見つけ出せ!! 人間関係の悩み本質診断
無料診断はこちらから
タイトルとURLをコピーしました